世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > 若鶏の赤ワイン煮込み 【フランス共和国 ブルゴーニュ地方】
フランス フランス

Coq au vin(若鶏の赤ワイン煮込み 【フランス共和国 ブルゴーニュ地方】)

 若鶏の赤ワイン煮込みの元になっている料理は、フランス中東部に位置するブルゴーニュ地方の“コック・オー・ヴァン(coq au vin)”です。coqは雄鶏、vinはワインですから雄鶏の赤ワイン煮という意味です。ブルゴーニュ地方は気候風土に恵まれているため様々な食材があり、赤ワインの一大産地としても有名です。
 現在は“コック・オー・ヴァン”は、鶏肉の赤ワイン煮と同意語のように使われているので、必ずしもブルゴーニュ産の雄鶏を使わなければならないという決まりはありません。
 若鶏の赤ワイン煮込みは、鶏肉、タマネギ、マッシュルームを使い、赤ワインの香りや味を感じられるように作ります。温めた煮込みにバターやベーコンのソテーを加えたり、クルトンやガーリックトーストを添えたりするのもブルゴーニュ風の食べ方です。

材料

鶏モモ肉
600g
大豆油
適量
タマネギ(みじん切り)
200g
ニンジン(すりおろし)
40g
マッシュルーム(スライス)
200g
赤ワイン
320㏄
トマトペースト
120g
チキンブイヨン
500㏄
ロリエ
1枚
食塩
適量
コショウ
適量
赤ワイン(仕上げ用)
60㏄

作り方

  1. 鶏モモ肉を塩、コショウ、赤ワインでマリネする。
  2. 鍋に大豆油とタマネギを入れ、甘味が出るまで中火でソテーする。
  3. ニンジンを加えて甘味が出るまでソテーしたら、マッシュルームを入れて水分がなくなるまでソテーする。
  4. 赤ワインを入れて1/3位まで煮詰める。
  5. トマトペーストを入れて沸騰させたら、ブイヨンとロリエを入れて煮詰める。
  6. ①の表面をフライパンで焼き、焼き色が付いたら⑤で煮込む。
  7. 煮込んだ鶏肉を取り出して皿にもりつける。
  8. ⑤の鍋の火を止めてから、仕上げ用の赤ワインを回し入れる。
  9. ⑦の上に⑧のソースを掛け、ガルニを添える。

商品紹介

若鶏の赤ワイン風味
若鶏の赤ワイン風味
内容量
500g/パック
賞味期限
製造日より1年間
このレシピの商品はこちら

メニュー提案者

丸山翔平丸山翔平

この料理は、鶏肉と赤ワインソースの一体感が美味しさのポイントです。
一方、鶏肉は煮込みすぎるとパサパサになってしまいますから、短時間の煮込みというのもポイントです。
そこで鶏肉を赤ワインでマリネし、鶏の表面を焼くことで鶏肉の旨味を閉じ込めつつソースと味を繋げることができるのです。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478