PICK UP!注目レシピ

マス・リハ

カツオを使った伝統的な料理の中で代表的なものとされているのがマス リハ(Mas Riha)で、直訳するとMas(魚=カツオ)のRiha(カレー)です。マスリハには必ずカツオ(またはマグロ)やギテヨミルス(モルディブの唐辛子)、ショウガ、ニンニク、ターメリック、チリ、カルダモン、シナモン、フェンネル、クミン、カレーリーフ、パンダナスリーフ、ココナッツミルクを使います。ロシ(Roshi)という平らなパンかライスとともに供され、Fiyaa Satani(フィアサタニ)というオニオンサラダを添えることが多いそうです。

この動画は、最近までフランス料理の料理長だった社員が作っているところを撮影し、テレビ静岡の「しずおかごはんが食べたい」という番組内で紹介されたものです。

サラダ・ニソワーズ

サラダ・ニソワーズはニース風サラダという意。夏の初めの限られた時期に地中海で獲れるマグロを、アンチョビ、オリーヴの実、トマトやレタスなどの生野菜を茹で卵などと合わせ、ニンニクの効いたソースビネグレットで味付けする郷土料理が原型です。

この動画は、最近までフランス料理の料理長だった社員が作っているところを撮影し、テレビ静岡の「しずおかごはんが食べたい」という番組内で紹介されたものです。

スルタンのお気に入り

スルタンのお気に入りの本当の名前は「ヒュンキャンベエンティ」。世界一ナスを食べるといわれているトルコではナスを使った様々な料理が存在します。スルタンとはオスマン帝国の君主のこと。オスマン帝国の君主(スルタン)が好んで食べたこの料理を宮中で作っていた料理人が庶民にも広めたとされています。

この動画は、㈱いちまるの開発スタッフが作っているところを撮影し、テレビ静岡の「しずおかごはんが食べたい」という番組内で紹介されたものです。

オリヴィエ・サラダ

オリヴィエ・サラダは、肉と角切りの野菜と香草をオリヴィエ・サラダは、肉と角切りの野菜と香草をマヨネーズで和えたロシアの伝統的なサラダで、1800年代にモスクワで生まれました。料理名は考案したオリヴィエシェフの名に由来しています。この伝統的なサラダは人気があるので新年や祝日の食卓には欠かすことのできないメニューになっています。

テレビ静岡の「しずおかごはんが食べたい」という番組内で紹介されたものです。