世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > アッシ・パルマンティエ 【フランス共和国】
フランス フランス

Hachis parmentier(アッシ・パルマンティエ 【フランス共和国】)

 アッシ・パルマンティエは、マッシュポテトを使い家庭でも作ることのできる身近な料理で、フランスでこの料理を作るときはパルマンティエという種類のジャガイモを使うことが多いそうです。この料理名はジャガイモを普及させたパルマンティエ氏に敬意を表したフランス人によってつけられたといわれています。(因みに、パリのメトロにはパルマンティエ駅という名の駅があります。そこにはパルマンティエ氏が農民にジャガイモを渡している様子を模した銅像も建っています。

材料

合い挽き肉
250g
バター
10g
ニンニク(みじん切り)
1/2片分
ニンジン(粗みじん切り)
1/8本分
タマネギ(粗みじん切り)
1/2個分
赤ワイン
20㏄
トマト(缶詰)
100g
食塩
適量
コショウ
適量
ナツメグ
少量
砂糖
適量
Ⓐ ジャガイモ
2個
Ⓐ 牛乳
100㏄
Ⓐ 生クリーム
50㏄
Ⓐ バター
10g
Ⓐ 食塩
適量
Ⓐ コショウ
適量
グリューエール
30g

作り方

  1. フライパンで合い挽き肉を炒める。
  2. 別のフライパンにバターを入れ、ニンニクを炒めて香りを出したらニンジンとタマネギを加え炒める。
  3. トマトと①を加えて軽く煮込む。
  4. ナツメグ・食塩・コショウ・砂糖で味を調える。
  5. 赤ワインを加えて沸騰させる。
  6. Ⓐの材料でマッシュポテトを作る。
  7. 皮を剥いたジャガイモを柔らかくなるまで茹でて裏ごす。
  8. 鍋に牛乳、生クリーム、バターを加えて一煮立ちさせる。
  9. 7を加えて練り、塩コショウで味を調える。
  10. 耐熱皿にラグーーソースを敷いてからマッシュポテトで全体を覆う。
  11. グリュイエールをすりおろして全体にまぶし、オーブンで焼き色をつける。

商品紹介

アッシ・パルマンティエ
アッシ・パルマンティエ
内容量
牛ひき肉のラグー 200g/パック×2パック、マッシュポテト 200g/パック×2パック、グリュイエールチーズ 50g×1パック
賞味期限
製造日より1年間
このレシピの商品はこちら

メニュー提案者

本多 真本多 真

2021年のボージョレー・ヌーヴォー解禁日は、11月18日(木)。
ボージョレー・ヌーヴォーは、マコンから南へ55kmほどのところに広がるワイン産地で、ガメイという黒ブドウから造られる赤ワインが有名なボジョレー地区で造られている新酒です。ヌーヴォーのイメージが強く、産地よりワインの印象が強いため、ブルゴーニュ地方のひとつであることを知らない方も少なくありません。
熱々のアッシ・パルマティエをボージョレー・ヌーヴォーとともに味わうのも良いですね。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478