世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > オリヴィエサラダ【ロシア】
ロシア ロシア

Orivier salad(オリヴィエサラダ【ロシア】)

オリヴィエサラダは、肉と角切りの野菜と香草をマヨネーズで和えたロシアの伝統的なサラダで、1800年代にモスクワで生まれました。料理名は考案したオリヴィエシェフの名に由来しています。肉は、ハムやチキン、サラミ、牛肉などを使い様々なバリエーションがあり、昔はライチョウの肉も使われていたということです。また、考案者であるオリヴィエシェフのオリジナルレシピは公開されたことがないので、未だに謎が多い料理なのだそうです。但し、この伝統的なサラダは人気があるので新年や祝日の食卓には欠かすことのできないメニューになっています。

材料

ホワイトチキン
100g
ジャガイモ(角切り)
200g
ボイルエッグ(粗切り)
1個分
ピクルス(角切り)
50g
ニンジン(角切り)
50g
サワークリーム
30g
マヨネーズ
70g
ディル
適量
グリーンピース
60g

作り方

  1. ホワイトチキンを角切りにする。
  2. ジャガイモ、ニンジン、グリーンピースは茹でておく。
  3. サワークリーム、マヨネーズ、ディルを混ぜ合わせる。
  4. 2と3、ホワイトチキン、ボイルエッグ、ピクルスをボウルに入れて混ぜる。
  5. セルクルに詰め盛り付けて、トッピングを散らす。

いちまるセレクション

ホワイトチキン(津軽どり)
ホワイトチキン(津軽どり)
価格
お問い合わせください
規格
170g~300g
荷姿
3㎏/ケース×3ケース

メニュー提案者

高橋邦明高橋邦明

このサラダは、フランス料理のシェフ達には「Salade Macédoine(マセドアンサラダ)」と言った方が解りやすいかもしれません。ご存じの通り、野菜をさいの目切り(macédone=マセドワーヌ)に切りそろえることからその名が付いたようですが、ルーツはロシア料理にありそうです。スペインにもEnsaladilla Rusa(ロシア風サラダ)という名で誰でも知っているメニューですし缶詰も売られています。マヨネーズ好きは世界共通ですね。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478