私たちが暮らす地球には現在196もの国があり、約73億人の人々が生活しています。
それぞれの国や地域によって気候風土が異なるため、食糧となる作物や保存方法・加工方法もその土地にあった形に変化してきました。

中世以降、人や物の移動手段が発達したことで多様な食べ物と共に食文化の交流も盛んになっていったと言われています。そして、それぞれの土地に根ざした食材と文化が融合し、独自のメニューとして進化していきました。

そこで、私たちは「BRAS de CHEF(シェフの片腕)」として、世界の様々な地域に根ざした郷土料理・地方料理を探求し、食を通じてそれぞれの国や地域のことを理解するきっかけづくりをすることにしました。

昔から愛されてつづけている家庭の味をはじめ、宮廷料理のような味や移民達が故郷を懐かしんでアレンジした味など本当に沢山のメニューが存在します。
私たちなりに調査し、現地のメニューを再現していきますので、是非、ご覧ください。

※調査不足で間違った再現をしてしまっていることもあるかもしれません。お気づきの方はご指摘いただけると幸いです。