世界の地方料理 > 商品紹介 > 牛肉 > バラ肉(シチュー用ビーフ) > 赤ワイン風味ビーフシチュー 500g(2~3人分)
低温でコトコト煮込んだ
赤ワイン風味が香る
具沢山のビーフシチュー
 フランスではワインを料理にも使うことが多く、中でもブルゴーニュ料理にはワインは不可欠です。中には水やスープを殆ど使わずに、ワインの水分だけで仕上げる料理もあるほどです。
その代表的な料理が、Bœuf à la bourguignonne(ブッフ・ア・ラ・ブルギーニョン)です。フランスで伝統的な牛肉の赤ワイン煮込みにはランドックやローヌにもありますが、やはりブルゴーニュのものが最も一般的だといえます。
 昔からブルゴーニュ地方の農家では、日曜日の料理としてブッフ・ア・ラ・ブルギーニョンが定着していきました。
しかし、裕福ではない農家が買えるのは硬くて焼くのに向いていない部位の牛肉です。そこで農家の主婦が朝、畑にでかける前に牛肉を塊のままワインに浸して柔らかくしようとしました。農家にとってワインは無料同然なのでお金が掛からない方法だったのです。その後、昼時に一旦家に戻ったときに肉を取り出して表面を焼いてから鍋に入れ、種火が点いたままの竈の隅に置いたらまた出かけるという調理工程でした。
 これは実に理にかなった調理法でした。ブッフ・ア・ラ・ブルギーニョンのような煮込みはソースの美味しさと肉の柔らかさがポイントです。肉が柔らかくなり脂が適度にまわるように仕上げるためには弱火で長時間煮込む必要があるのですが、フランスの家庭に必ずと言って良いほどある厚手の鋳物鍋を使い竈の種火のような弱火に掛けると野菜や肉が焦げ付きにくく、しっかりと蓋ができるので熱が均一に伝わり、必要以上に水分が蒸発しないので香りやうまみを閉じ込めることができたのです。
 本品も、牛ばら肉を低温で長時間、真空調理することでフランスの家庭と同じような火入れができるので、煮崩れずに柔らかなシチューに仕上げられるのです。
真空パックの中には、牛肉と赤ワイン風味のデミグラスソースだけが入っているので、付け合わせなどのアレンジも自由自在です。ベーコンやシャンピニョン、ペコロス(小タマネギ)を絡めたり、ヌイユを添えたり、マッシュポテトを添えるとブルゴーニュ風に仕上げられます。

赤ワイン風味ビーフシチュー 500g(2~3人分)

赤ワイン風味ビーフシチュー 500g(2~3人分)

  • 赤ワイン風味ビーフシチュー 500g(2~3人分)
  • 赤ワイン風味ビーフシチュー 500g(2~3人分)
  • 赤ワイン風味ビーフシチュー 500g(2~3人分)
  • 赤ワイン風味ビーフシチュー 500g(2~3人分)

真空パックの中には、一口大にカットした牛肉と赤ワイン風味のデミグラスソースが入っています。牛肉がゴロゴロしていて食べ応えがあると大好評。
付け合わせは入っていないので、別に温野菜などを用意いただだくことをおすすめします。

  • 販売中
  • 業務用
  • 冷凍品
  • 煮込み
価格
下のチェック欄からご確認ください
内容量
500g
賞味期限
製造日から1年間
注意
【アレルゲン】小麦、乳成分、牛肉、大豆(特定原材料を含む28品目)



ブルゴーニュ風にアレンジ

タマネギ、ベーコン、ペコロスのソテーを加えて一煮立ちさせ、ポテトのクリーム煮を添える。