世界の地方料理 > 商品紹介 > 若鶏の赤ワイン風味
軽い酸味とブドウの香りが
引き立つ赤ワインソースと
マッシュルームを入れた
ソースで煮込みました
赤ワインソースには香りの高いフランス産のワインを使うことで、深い味わいとともに後味をすっきりとさせました。
大きめにカットした鶏肉は低温で加熱しているので調、柔らかな食感で食べられます。

若鶏の赤ワイン風味

若鶏の赤ワイン風味

  • 若鶏の赤ワイン風味
  • 若鶏の赤ワイン風味
  • 若鶏の赤ワイン風味
  • 若鶏の赤ワイン風味

 若鶏の赤ワイン煮込みの元になっている料理は、フランス中東部に位置するブルゴーニュ地方の“コック・オー・ヴァン(coq au vin)”です。coqは雄鶏、vinはワインですから雄鶏の赤ワイン煮という意味です。ブルゴーニュ地方は気候風土に恵まれているため様々な食材があり、赤ワインの一大産地としても有名です。
 現在は“コック・オー・ヴァン”は、鶏肉の赤ワイン煮と同意語のように使われているので、必ずしもブルゴーニュ産の雄鶏を使わなければならないという決まりはありません。
 若鶏の赤ワイン煮込みは、鶏肉、タマネギ、マッシュルームを使い、赤ワインの香りや味を感じていただけるように作っています。温めた煮込みにバターやベーコンのソテーを加えたり、クルトンやガーリックトーストを添えたり、ブルゴーニュ風のアレンジも可能です。

  • 販売中
  • 業務用
  • 冷凍品
価格
1,200円(税別)
内容量
500g/パック
賞味期限
製造日より1年間
注意
【アレルゲン】小麦、乳成分、牛肉、大豆、鶏肉(特定原材料を含む28品目)