世界の地方料理 > レシピ > ローストポークのサンドウィッチ 【ドイツ連邦共和国】
ドイツ ドイツ

Schweinebraten-Baquett(ローストポークのサンドウィッチ 【ドイツ連邦共和国】)

ドイツには豊富な種類のパンがあり、サンドウィッチの種類も数えきれないほどあります。ただし、ドイツではサンドウィッチという呼び方はせず、具材の名前とパンの名前を組み合わた名前をつけます。今回の主役はシュバイネブラーテン。ドイツ語でSchweinは豚肉、Bratenはローストという意味ですからローストポークを指す単語です。これをバケットでサンドしているので、Schweinebraten-Baquettとなります。
大きなブロック肉を焼いて作ったシュバイネブラーテンをスライスして他の具材やソースと共にバケットに挟みボリュームたっぷりに仕上げたサンドウィッチに使うカボチャにも由来があるようです。

材料

グリル用ポーク肩ロース
400g
バケット
2本
サラダオイル
適量
カボチャ(8mmスライス、1/2カット)
120g
オリーブオイル
適量
食塩
少量
マッシュルーム(5mmスライス)
64g
グリーンリーフ(一口大にちぎる)
48g
Ⓐ マスタード
42g
Ⓐ サワークリーム
42g
Ⓐ チリパウダー
0.3g
Ⓐ タイム(パウダー)
0.2g
Ⓐ オリーブオイル
10g
オリーブオイル
10㏄

作り方

  1. グリル用ポーク肩ロースを1.2㎝の厚さにスライスし、1/4カットする。
  2. 火にかけたフライパンにサラダオイルをひき、①を入れて軽く焼き色をつける。
  3. 別のフライパンにオリーブオイルをひいて弱火にかけ、カボチャにじっくり火を通して塩を振る。
  4. バケットの表面を200℃のオーブンで3分間焼いてから、横に切り分ける。
  5. Ⓐの材料を混ぜ合わせ、カットしたバケットの内側に塗る。
  6. 下にする方のバケットにグリーンリーフ、マッシュルームjの順に乗せる。
  7. ②の豚肉、③のカボチャを乗せ、オリーブオイルをかける。
  8. 上側のバケットを乗せる。

商品紹介

グリル用ポーク肩ロース
グリル用ポーク肩ロース
このレシピの商品はこちら

メニュー提案者

杉山あい実杉山あい実

今回のメニューにはカボチャのソテーが入っています。現地ではカボチャを入れなければならないという定義はありませんが、日本人にとってちょっと嬉しいエピソードがあったので使いました。
それはカボチャの品種に関するお話です。ドイツにはハロウィンなど装飾用に使うカボチャと食用のものがありますが、装飾用の方が種類が多く市場には様々な色や形のものが売られています。ドイツ在来の食用カボチャは皮が固く、糖度が低くて崩れやすいのでグラタンにしたりスープやペーストにしたりすることが多いそうです。
そこで1990年代に日本人が北海道産のカボチャを持ち込みました。甘いカボチャは「Hokkaido Kürbis」という名で人気が出て通称:Hokkaidoと呼ばれるようになり、このサンドウィッチを作る時にも銘柄指定されるようになったのだそうです。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478