世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > ポークのフリカッセ
フランス フランス

Fricasse de Porc Parfumé(ポークのフリカッセ)

フランス料理にはクリームシチューと認められる代表的な料理法としてブランケットとフリカッセの2つが挙げられます。
両方ともに日本語でクリームシチューと評され、近年は大きな違いが無いとされていることも多いようです。
しかし、ブランケットとフリカッセは料理法で明確に区別されています。
元来ブランケットは白いモスリン・毛布が名前の由来であり、料理を白く仕上げるためにブランシール(白く仕上げるために湯通しする)などの下処理を施します。
一方、フリカッセはソースを白く仕上げるために材料の鶏や仔牛肉などの白身肉を色づかないようバターで表面を軽く炒め、フランスで昔からレストランでも家庭でも人気のある料理法の一種となっています。

材料

ポークハーブ煮
ウインナーソーセージ(輪切り)
ジャガイモ(角切り)
ニンジン(輪切り)
シャンピニョン(1/2)
タマネギ(角切り)
エリンギ(スライス)
ゴボウ(1/2 2~3㎝)
カボチャ(角切り)
チキンブイヨン
白ワイン
生クリーム
ブールマニエ
食塩
白コショウ

作り方

  1. ポークハーブ煮を角切りにする。
  2. チキンブイヨンに白ワインを合わせてアルコールを飛ばしたソースに野菜を加え火を通す。
  3. ポークハーブ煮を加えて温める。
  4. 生クリームを合わせたらソーセージを加え、ブールマニエでつなぐ。
  5. 塩・コショウで味を調える。

商品紹介

ポークハーブ煮
ポークハーブ煮

メニュー提案者

酒井一之 シェフ酒井一之 シェフ

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478