世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > パンバーニャ【フランス ニース】
フランス フランス

Pain bagnat(パンバーニャ【フランス ニース】)

Le pan bagnat パンバーニャ と呼ばれているサンドイッチは、ニースでしか食べることができない名物料理。バンバーニャという名前には「濡れたパン」という意味があり、La salade niçoise サラダ・ニソワーズ(ニース風サラダ)にルーツがあります。
プロヴァンス~アルプ~コート・ダジュール地方で見られる伝統的なサラダ・ニソワーズは、ニンニクで香りづけした皿の上にトマト、アンチョビフィレ、ピーマン、タマネギなどをならべ、オリーブオイルと塩、コショウ、バジルで作ったドレッシングをかけ、固茹で卵とオリーブをあしらいます。
伝統的なバンバーニャは、大きなバンズの形に焼き上げたフランスパンにサラダ・ニソワーズを挟んだものです。パンにトマトの汁やオリーブオイルをかけるのでケチャップのようなソースは必要ありません。上からギュッと抑えることでパンに具の味が浸みて”パンバニャ(濡れたパン)”になるのです。

材料

パン
4個
ディジョンマスタード
20g
(タプナード用)黒オリーブ
16個
(タプナード用)緑オリーブ
16個
(タプナード用)アンチョビ
6枚
(タプナード用)ケッパー
10粒
(タプナード用)ニンニク
5g
(タプナード用)オリーブオイル
40h
レタス
40g
トマト(スライス)
2個
ゆで卵(スライス)
2個
ライトミート(ツナ缶)
140g
アンチョビ
20g
黒オリーブ(スライス)
10g
緑オリーブ(スライス)
10g
ケッパー
15g
(ピストゥー用)ニンニク
7g
(ピストゥー用)バジル
12g
(ピストゥー用)オリーブオイル
80g
(ピストゥー用)食塩
適量
(ピストゥー用)コショウ
適量

作り方

  1. タプナード用の材料をすべてみじん切りにし、オリーブオイルで混ぜ合わせる。
  2. ピストゥー用のニンニクとバジルをみじん切りにしてオリーブオイルに混ぜ合わせ、塩コショウで味を調える。
  3. パンを半分に切り、ディジョンマスタードとタプナードをぬる。
  4. 3にサニーレタスを乗せてからトマト、ゆで卵、ライトミート(ツナ)、アンチョビ、黒オリーブ、ケッパーを乗せていく。
  5. ピストゥーを上からかけ、パンを乗せる。

商品紹介

まぐろフレーク油漬 ライトミート
まぐろフレーク油漬 ライトミート
内容量
80g
賞味期限
製造から3年間
このレシピの商品はこちら

メニュー提案者

本多 真本多 真

2020年2月に酒井シェフとニースの リベラシオン市場(Marché de Libératuion)に行ったときに初めてパンバニャを食べました。大きなパンに具材がたっぷり入っているのでボリュームたっぷり。小さなお店のショーケースにパンバニャが沢山積まれていました。注文するとアルミ箔に包んでくれるので、これを会社に持っていって昼食にする人もいるそうです。普通のハンバーガーと同じくらいのパンで作るSサイズも少しだけ売られていましたよ。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478