世界の地方料理 > レシピ > 地域 > アジア > ゲーン キャオ ワーン(グリーンカレー) 【タイ王国 中部地域】
タイ タイ

Thai green curry(ゲーン キャオ ワーン(グリーンカレー) 【タイ王国 中部地域】)

タイ風グリーンカレーはタイ語でゲーン・キャオ・ワーンと呼びます。ゲーンは汁物を指し、キャオは緑色、ワーンは甘いという意味なので、「甘味のある緑色の汁物」ということになります。因みにレッドカレーはゲーン・ペット・デーン(赤くて辛い汁物)、イエローカレーはゲーン・マッサマン(イスラム風の汁物)です。
そして、ゲーン・キャオ・ワーン・ガイというと鶏肉(ガイ)のグリーンカレー、ゲーン・キャオ・ワーン・ヌアは牛肉(ヌア)のグリーンカレー、ゲーン・キャオ・ワーン・ムーだと豚肉(ムー)のグリーンカレーになります。
レッドカレーとグリーンカレーは同じような材料を使ってつくりますが、唐辛子の使い方が異なります。レッドカレーの場合は乾燥させた激辛の赤唐辛子(プリック・ヘーン)を使い、グリーンカレーでは辛味が穏やかな生の青唐辛子(プリック・チーファー)を使うので色や辛味が変化します。

材料

鶏もも肉(角切り)
600g
Ⓐ グリーンカレーペースト
100g
Ⓐ ココナッツミルク
800㏄
Ⓐ バイマックルー
4枚
Ⓐ ホーリーバジル(葉)
2枝分
Ⓐ 砂糖
40g
ナス(乱切り)
160g
赤ピーマン(角切り)
120g
緑ピーマン(角切り)
80g
タケノコ水煮(短冊切り)
60g
ナンプラー
少量
コショウ
適量
大豆油
適量

作り方

  1. 鶏もも肉に塩コショウする。
  2. ナスは大豆油で素揚げしておく。
  3. 大豆油をしいた鍋を火にかけて①の両面を焼き取り出しておく。
  4. ③の鍋にⒶの材料を入れて沸騰させる。
  5. 揚げナス、赤ピーマン、緑ピーマン、タケノコを入れ、火が通ったら鶏肉を入れる。
  6. 一煮立ちさせたら、ナンプラーを混ぜ入れる。

商品紹介

タイ風グリーンカレー
タイ風グリーンカレー
内容量
500g
賞味期限
製造日より1年間
このレシピの商品はこちら

メニュー提案者

本多 真本多 真

タイではゲーン・キャオ・ワーンは、ジャスミンライスに掛けて食べることもありますが、センミーと呼ばれる細い米粉麺に掛けるという現地ならではの食べ方もあります。センミーを茹でてから水を切ってお皿にこんもり盛付け、ゲーン・キャオ・ワーンを盛り付けた別の器から具とスープを少しずつすくって掛け、スプーンで麺を切りながら混ぜて食べるのです。
センミーが手に入らなかった時代、在日タイ人達は日本の素麺を代用して食べていたのだそうで、ライスとの違いを試してみる価値はありますよ!

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478