世界の地方料理 > ムッシュ酒井のスペシャリテ > ローヌ地方のビーフシチュー【ローヌ=アルプ地方】
リヨン地方

Daube de bœuf dauphinoise(ローヌ地方のビーフシチュー【ローヌ=アルプ地方】)

ドーブは“蓋を密閉して蒸し煮した料理”のことで、南仏プロヴァンス地方からローヌ=アルプ地方にかけての代表的な家庭料理。プロヴァンス地方でいうエストファの一種で鍋の中身を沸騰させずに弱火でコトコトと長時間煮込むのが基本です。これは庶民に手が届く肉は硬いものだったために、美味しく食べるためには時間をかけて柔らかくなるまで煮込む必要があったからです。
ドーブ鍋を使った料理が盛んに食べられる季節は特に冬から春の初めにかけての期間です。材料には牛肉、羊肉、鶏肉、タコなどが使われ、牛肉の場合は赤ワインか白ワイン、羊肉とタコの場合は赤ワイン、マルセイユ風のピエ・エ・パケの場合は白ワインという伝統的な流儀もあります。今は定義が曖昧になっており、牛肉の場合は赤ワインで煮込まれることが多くなっています。
また、プロヴァンス地方で作られる牛肉のドーブの付け合わせにはマカロネードやプラム、オレンジなどを使います。これはプロヴァンス地方がイタリアに隣接し地中海性気候だからです。同じ料理がローヌ=アルプ地方に移ると基本的な作り方は変わらず、付け合わせがドーフィヌ地方特産のジャガイモを使ったグラタンやコロッケ、タマネギと合わせたリヨネーズなどになります。

材料

シチュー用ビーフ(ダイスカット)
400g
オリーブオイル
20cc
ニンニク
2片
ベーコン
60g
赤ワイン
100cc
デミグラスソース
250g
オレンジジュース
400cc
ロリエ
1枚
食塩
適量
適量
Ⓐ ジャガイモ(7mmスライス)
4個
Ⓐ 牛乳
500cc
Ⓐ 生クリーム
100cc
Ⓐ バター
20g
Ⓐ 食塩
適量
Ⓐ コショウ
適量
Ⓐ パセリ(みじん切り)
適量

作り方

  1. オリーブオイルをしいた鍋を熱し、ニンニク、ベーコンを中火で炒める。
  2. 赤ワインを入れて沸騰させアルコールを飛ばす。
  3. デミグラスソースとオレンジジュースを加えて沸騰させる。
  4. 牛肉とロリエを加え、煮詰まりすぎないよう水を加えながら30分程度煮込む。
  5. 塩で味を調える。
  6. Ⓐ ジャガイモは皮をむき7mm程度にスライスする。
  7. Ⓐ 鍋にジャガイモ、牛乳、生クリーム、バターを入れて弱火にかける。
  8. Ⓐ 塩コショウで味を調える。
  9. ポテトのクリーム煮を皿に盛り付けてからビーフシチューを盛り付ける。
  10. ポテトの上に、パセリのみじん切りを散らす。

商品紹介

ローヌ地方のビーフシチュー
ローヌ地方のビーフシチュー
内容量
牛肉のワイン煮オレンジ風味 200g×2パック 、 ポテトのクリーム煮ドーフィネ風 100g×2パック
賞味期限
製造日より1年間
このレシピの商品はこちら

地方

リヨン地方
リヨン地方
お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478