世界の地方料理 > ムッシュ酒井のスペシャリテ > ブルゴーニュ地方のビーフシチュー【ブルゴーニュ地方】
ブルゴーニュ地方

Bœuf à la bourguignonne(ブルゴーニュ地方のビーフシチュー【ブルゴーニュ地方】)

フランス中東部、パリ盆地南東に位置するブルゴーニュ地方にはフランスを代表する銘柄ワインの原料となる豊かなブドウ畑が広がっています。フランスでは繊細でバランスの良いボルドーワインのことをエル(彼女)と呼び、芳醇で力強いブルゴーニュワインのことをリュイ(彼)と呼ぶことがあります。
またブルゴーニュ地方は、エスカルゴをはじめブレス鶏、ホロホロ鳥、シャロレー牛、マスタードなど、食材の宝庫とも呼ばれているのでフランス人が一度は住んでみたい地方のトップになっています。
この地方では様々な料理にワインの個性を生かしたソースが作られてきました。中でも渋みの強い赤ワインは野生の鳥や獣類の料理によく合うのでフランスでは家庭でも煮込み料理に使われています。
メニュー名にブルゴーニュ風とつく料理は、エスカルゴ料理とビーフシチューが最も有名ですが、その他の料理に使われる場合も「赤ワイン煮」を指していることが殆どです。

材料

シチュー用ビーフ(ダイスカット)
400g
バター
20g
ニンニク
2片
タマネギ(スライス)
1/2個
ベーコン(棒切り)
60g
マッシュルーム(1/4カット)
4個
赤ワイン
600cc
デミグラスソース
250g
ロリエ
1枚
食塩
適量
適量
Ⓐ リングイネ
100g
Ⓐ バター
15g
食塩
適量

作り方

  1. 火にかけたフライパンにバターを入れ、溶けてきたらニンニクとベーコンを炒める。
  2. タマネギを入れてしんなりするまで炒める。
  3. マッシュルームを加えて火が通る程度に炒める。
  4. 赤ワインを入れて沸騰させたらロリエを入れ、デミグラスソースを加えて沸騰させる。
  5. 牛肉を加え、煮詰まらないように水を足しながら30分程度煮込む。
  6. 塩で味を調える。
  7. Ⓐ 沸騰した湯に塩を適量入れてリングイネを茹でる。
  8. Ⓐ フライパンに茹でたリングイネを移し、バターを加えて軽く炒める。
  9. Ⓐ 塩で味を調える。
  10. 皿にⒶのリングイネを盛り付け、上にビーフシチューを乗せる。

商品紹介

ブルゴーニュ地方のビーフシチュー
ブルゴーニュ地方のビーフシチュー
内容量
牛肉の赤ワイン煮ブルゴーニュ風 200g×2パック 、 ヌイユ 130g×2パック
賞味期限
製造日より1年間
このレシピの商品はこちら

地方

ブルゴーニュ地方
ブルゴーニュ地方
お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478