世界の地方料理 > レシピ > 地域 > アジア > アドボ【フィリピン】
フィリピン フィリピン

Adobo (アドボ【フィリピン】)

もともとスペインの肉料理“アドバード”を原型とするフィリピンの代表的な家庭料理がアドボです。料理名自体が“漬け込む”という意味を持つ言葉で、文字通り肉は酢を主体とした調味液に漬け込んでから調理します。酢の効果で肉が軟らかくなると同時に一緒に入れるニンニクや醤油、ナンプラーの風味がよく染みこんで美味しく食べられるようになります。この料理はご飯と一緒に盛り付けて食べるのが一般的で私たち日本人にとっても食べやすく、ご飯が進むメインディッシュです。
因みに現地では数多くのレシピがあるようで、酢に漬けた肉を煮るということ以外は、具材や味付けに厳格な決まりやないため、様々なアドボが存在しているそうです。

材料

シチュー用ポーク
280g
シチュー用ポーク(肉汁)
80g
ニンニク(みじん切り)
1片
タマネギ(スライス)
100g
ジャガイモ
4個
醤油
大さじ3
大さじ3
ナンプラー
小さじ2
砂糖
小さじ2
サラダリーフ
適量
ゆで卵
4個

作り方

  1. シチュー用ポークを一口大にカットする。
  2. 醤油・ナンプラー・酢・砂糖・シチュー用ポーク(肉汁)を混ぜておく。
  3. サラダオイルでニンニク・タマネギ・ポークを炒める。
  4. 2の調味料を入れて炒め合わせ、皿に盛り付ける。
  5. サラダリーフとゆで卵を添える。

いちまるセレクション

 シチュー用ポーク
 シチュー用ポーク
価格
お問い合わせください
規格
2㎏/パック
荷姿
2パック/ケース × 3ケース

メニュー提案者

松浦友香松浦友香

普通の調理方法では、肉を柔らかくするために、お酢に漬け込んでから長時間煮込まなければならないところですが、シチュー用ポークを使えば時間を短縮することができます。お酢の酸味がさっぱりとして、ニンニク・醤油の香りが食欲をそそるのでいくらでも食べられそうです。
シチュー用ポークって本当に最高です!!

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478