フランス全土

Pot-au-feu(ポ・ト・フ)

ポ・ト・フとは「火に掛けた鍋」という意味があります。
昔は主に薪や石炭を燃料にしたストーブ(加熱調理台)で調理していて一旦火をつけるとすぐには消すことが出来なかったことから、コトコト煮る(ミジョテと言う)料理がフランス料理の主流となりました。
なかでもポ・ト・フはフランス人にとってお袋の味として広く愛されている代表的な料理。メインの肉は牛、豚、鶏と材料を選ばず、大ぶりに切った野菜をたっぷり入れて柔らかくなるまで弱火で煮込みます。
また、フランスの家庭ではたっぷり作ったポ・ト・フが残ったとき、翌日はポタージュ等の新しい味にすることもあります。
煮汁はブイヨンとしてスープベースにしたり、肉や野菜を使ってオーブン料理にしたり応用範囲が広くのも特徴です。
因みにフランス人にとっての三大好物料理にはポ・ト・フ、ステーク・フリッツ、クスクスが挙げられますが、ステーク・フリッツとクスクスは外国由来の料理です。

材料

シチュー用ビーフ
400g
ベーコン
300g
ポワロ-葱
1本
ニンジン
2本
キャベツ
1/2個
セロリ
2本
タマネギ
2個
ブイヨン
適宜
ブーケガルニ
1束
食塩
適量
コショウ
適量
クローブ
2本

作り方

  1. ブイヨンでベーコンを煮る。
  2. 野菜を適宜に切り煮込む。(クローブを加える。)
  3. 野菜が柔らかくなったらシチュー用ビーフを加える。
  4. 皿に盛り付けたら、ディジョンマスタードを添える。

いちまるセレクション

シチュー用ビーフ
シチュー用ビーフ
価格
お問い合わせください
規格
2kg / パック
荷姿
2パック / ケース×3ケース

地方

フランス全土
フランス全土
中世の農民は貧しく、僅かな塩漬け肉をいれた野菜のごった煮(ブイイ)と黒パンを主に食べていました。中世末期頃から徐々に肉やソーセージも食べられるようになったことで「家庭で食べられるご馳走」として定着したようです。
お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478