世界の地方料理 > レシピ > 地域 > オセアニア > オーヴン・ベイキング・オブ・ビーフ・チークス【創作料理、ニュージーランド風】
ニュージーランド ニュージーランド

Oven baking of Beef Cheeks(オーヴン・ベイキング・オブ・ビーフ・チークス【創作料理、ニュージーランド風】)

ニュージーランドは、9世紀頃にポリネシア系の開拓民がマオリ人として定住しました。その後、18世紀後半になってからイギリス人が中心となって開発をし、今では世界中の人達が移住している移民の国となっています。豊かな自然に囲まれたニージーランドは食材の宝庫とも言われていて特にキウイフルーツは有名ですが、実は原産地は中国と言われています。20世紀初頭に旅行者によって中国から持ち込まれた後に品種改良されて、今では異本だけで無く世界中に輸出されるようになりました。今回は伝統的な料理ではなく、ニュージーランド特産のキウイで作ったソースを牛ほほ肉に掛けてオーブンで焼きましたが、現地のレストランで出されても不思議でない創作メニューになっています。

材料

シチュー用牛ほほ肉
600g
ニンニク(すりおろし)
少量
タマネギ(すりおろし)
30g
キウイフルーツ
1個
温野菜(何でも良い)
適量
粒マスタード
適量
食塩
少量
コショウ
少量

作り方

  1. キウイフルーツの皮を剥いてすりおろす。
  2. ニンニク、タマネギも同様にすりおろし、キウイと混ぜ合わせる。
  3. シチュー用牛ほほ肉に塩・コショウし、2のソースを乗せたら200℃のオーブンで焼く。
  4. 牛ほほ肉を切り分けて皿に盛り、温野菜、マスタードを添える。

いちまるセレクション

シチュー用牛ホホ肉
シチュー用牛ホホ肉
価格
規格
2kg/パック
荷姿
2パック/ケース×3ケース

メニュー提案者

村松敬祐村松敬祐

キウイはそのまま食べても美味しいですが、肉を軟らかくする酵素があることもよく知られています。この酵素はアクチニジンといって生肉の漬け込みなどに利用するとタンパク質を分解する効果があります。漬け込みに使えるということは味の面でも肉との相性が良いはずと考え、今回のレシピでは特産のキウイと野菜をソース状にして肉に塗って、ニュージーランドのBBQを意識したオーブン料理に仕上げてみました。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478