世界の地方料理 > レシピ > 地域 > アジア > 豚ぷら丼【日本】

Pork tendon(豚ぷら丼【日本】)

天ぷらの語源はポルトガル語の「テンペーロ(調味料の意)」やスペイン語の「テンポラ(斎日の意)」とされ、室町時代に鉄砲と共に日本に伝来した南蛮料理という説があります。他にも油を使う料理のため油の当て字として天麩羅(あぶら)と表記されたものが後に音読され天ぷらとなった説もあります。しかしどの説もはっきりとした文献がないので真相はわかりません。歴史を辿っていくと天ぷらは江戸時代に屋台で売られたことから始まり、昭和初期には庶民にとってハレの日の食事として広く普及しました。今では外国の方にも人気のある日本食の定番メニューです。
この丼は大阪発祥といわれている豚肉の天ぷら“豚ぷら”を使ってボリューム感たっぷりに仕上げました。

材料

シチュー用ポーク
400g
大葉
4枚
天ぷら粉
適量
水(天ぷら粉用)
適量
天つゆ
適量
紅ショウガ
適量
白髪ネギ
適量
ご飯
960g

作り方

  1. シチュー用ポークをスライスする。
  2. シチュー用ポークと大葉に衣をつけて揚げる。
  3. ご飯の上に豚ぷらを盛り付け、天つゆをかける。
  4. 白髪ネギ、紅ショウガを添える。

いちまるセレクション

 シチュー用ポーク
 シチュー用ポーク
価格
お問い合わせください
規格
2㎏/パック
荷姿
2パック/ケース × 3ケース

メニュー提案者

村松正敏村松正敏

以前、営業マンとして皆様にお世話になっていた村松です。今は、工場の責任者として心をこめて皆様のお役に立つ製品を作ろうと頑張ってます。
今回の提案は、私が営業マンだった頃に考えたメニューです。シチュー用ポークは「煮込みにしか使えないの?」と思われがちですが、様々なメニューに応用できる一次加工品。しっとり柔らかな食感に仕上げた豚バラ肉ですから厚くカットしてから衣をつけて揚げると外はカリッと中はフワッとした食感に仕上げることができますよ。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478