世界の地方料理 > レシピ > 地域 > アジア > 牛腩飯【中国:広東省】
中華人民共和国 中華人民共和国

Niunan Han(牛腩飯【中国:広東省】)

広い国土を持つ中国の料理は4つの地域に大別され、広東料理を含む南方料理は福建省から広東省まで海沿いの地域のものを指します。「東酸(酸味)、西辣(辛み)、南淡(淡白)、北鹹(塩辛い)」と言い表されているように、南方料理は薄味であっさりとしているのが特徴です。温暖な気候と西洋の影響もあり、素材そのものの味を生かすような料理が好まれたのではないでしょうか。
また、フカヒレやつばめの巣など山海の食材が豊富にあるので、バラエティに富んだ様々な料理や食べ方に発展してきました。飲茶や点心が発明されたのもこの地方です。
牛腩は、この地方で頻繁に使われる八角や長ネギ、生姜などを使って牛肉の臭みを消し、オイスターソースで旨みを足すという広東料理ならではの味付けをします。特に八角は広東料理に欠かせないとも言われています。

材料

シチュー用ビーフ
320g
シチュー用ビーフ(肉汁)
40g
鶏がらスープ
500g
醤油
100g
砂糖
40g
60g
八角
1個
生姜
1片
ニンニク
1片
長ネギ(斜め切り)
1/2本分
オイスターソース
大さじ1
片栗粉(水溶き)
適量
ごま油
少量
青梗菜
1株

作り方

  1. シチュー用ビーフを一口大にカットする。
  2. 鶏がらスープ、シチュー用ビーフ(肉汁)、調味料、ニンニク、生姜、長ネギを入れて煮立たせる。
  3. ビーフとオースターソースを加え軽く煮込む。
  4. 水溶き片栗粉でとろみを付け、ごま油を加える。
  5. 茹でた青梗菜とともにご飯の上に盛り付ける。

いちまるセレクション

シチュー用ビーフ
シチュー用ビーフ
価格
お問い合わせください
規格
2kg / パック
荷姿
2パック / ケース×3ケース

メニュー提案者

本多真本多真

牛腩飯は現地の人達にとって食事を短時間で済ませたいときに食べることが多いメニューです。ただし普通はご飯と牛腩は別々に盛り付けるんだとか。
そういえば先日テレビを見ていたら外国人の方が、「カレーは好きだけどカレーライスは嫌い。」と言っていました。「どういうこと?」と思っていたら、「ご飯にカレーが掛かっているのは気持ち悪い。」とコメントしていました。日本人は何でもご飯の上にのせて「〇〇丼」とするのが好きなのに面白いですね。インバウンド向けのメニューを考える際の注意点になるかもしれません。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478