世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > ボルシチ【ロシア】
ロシア ロシア

Borsch(ボルシチ【ロシア】)

ロシア料理の中で日本人に最も知られている料理の一つでもあるボルシチ。世界三大スープの一つとも言われていて、ビーツの鮮やかな赤色が特徴的な見た目と肉や野菜がタップリと入った食べるスープです。
この料理には必ずビーツが使われますが、それ以外には特に決まりはありません。牛肉以外に肉団子やベーコン、ソーセージなどを入れたり、野菜も様々です。地域によってはりんごを入れるボルシチもあるようです。
ソビエト連邦時代から続くウクライナの伝統料理でもあるので、ロシアだけで無く東欧諸国でも広く食べられているそうです。ビーツの甘みの素になっている栄養分はエネルギーになりやすく、体温を保つ効果もあることも理にかなっているといえます。

材料

シチュー用ビーフ
240g
サラダオイル
適量
ニンニク(粗みじん)
1片
タマネギ(スライス)
120g
ニンジン(千切り)
60g
白ネギ(千切り)
60g
セロリ(千切り)
60g
キャベツ(千切り)
200g
ジャガイモ(角切り)
200g
ビーツ(千切り)
120g
チキンブイヨン
800g
ロリエ
1枚
サワークリーム
大さじ2
パセリ(粗みじん)
少量
食塩
少量
コショウ
少量

作り方

  1. シチュー用ビーフを一口大にカットする。
  2. サラダオイルでニンニクを炒め、野菜を炒める。
  3. チキンブイヨンを入れて煮立たせる。
  4. ビーフ、ロリエを入れて10分程度煮込む。
  5. 塩、コショウで味を調えて器に盛り、サワークリーム、パセリをトッピングする。

いちまるセレクション

シチュー用ビーフ
シチュー用ビーフ
価格
お問い合わせください
規格
2kg / パック
荷姿
2パック / ケース×3ケース

メニュー提案者

山田裕之山田裕之

国内にロシア料理専門店は多くありませんが、ビーフストロガノフやピロシキと並んでボルシチも知られているメニューで、ロシア料理は9世紀にロシアが建国されてから永い歴史をたどってきました。その中でも、以外と知られていないのが現在のフランス料理に於ける料理の提供の仕方です。昔、フランスではオードブルからスープ、肉料理など全てが大皿に盛り付けられて同時に提供されていたそうです。19世紀初頭にロシアから赴任してきた大使が一品ずつ提供して出来たての料理を食べることのできるロシア式のサービスでフランス人達をもてなしたのだそうです。ロシアと東欧諸国が食文化の面でも交わって変化していったことを知るとロマンを感じますね。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478