世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > ボクスティ【アイルランド】

Boxty(ボクスティ【アイルランド】)

アイルランド料理にじゃが芋は欠かせない食材です。
ボクスティはじゃが芋で作ったパンケーキで主食として扱われます。北部や内陸部でよく食べられ、作れないとお嫁に行けないと言われているほどポピュラーな料理です。この料理の発祥はアイルランドの貧しい農民が地主に地代を払わなくても良い小さな庭先でじゃがいもを栽培し食料としていましたが18世紀から19世紀にかけてじゃが芋の疫病が大発生し、その際に傷んでしまったじゃが芋をなんとか食べようと生み出されたそうです。現在ではチーズや肉と共に朝ご飯としてよく食べられています。

材料

シチュー用ビーフ
120g
じゃが芋(茹でる)
250g
じゃが芋(生ですりおろし)
250g
薄力粉
150g
牛乳
250g
レモン果汁
大1
ベーキングパウダー
小1
少々
バター
大1
白ワイン
100g
マッシュルーム水煮
80g
生クリーム
100g
塩こしょう
適量

作り方

  1. シチュー用ビーフをスライスする。
  2. 茹でじゃが芋は皮をむき潰し、生じゃが芋すりおろしは水分を取り除く。
  3. 薄力粉、ベーキングパウダー、塩を混ぜ合わせふるう。
  4. 2・3を混ぜ合わせ、牛乳を少しずつ加え混ぜる。
  5. 熱したフライパンにバターと同量のサラダ油を入れ、生地を流し入れ両面焼く。
  6. 別鍋に白ワイン、マッシュルームを入れ火にかけアルコールを飛ばし、生クリームを加え塩こしょうで味を調える。
  7. 5で1を包み、ソースをかける。

いちまるセレクション

シチュー用ビーフ
シチュー用ビーフ
価格
お問い合わせください
規格
2kg / パック
荷姿
2パック / ケース×3ケース

メニュー提案者

佐藤淳治佐藤淳治

ジャガイモ料理の宝庫といわれるアイルランドで、最も伝統的なパンケーキが「ボクスティ」です。アイルランド語で「貧しい人を救うパン」という意味があり、ジャガイモを主食としてきた先祖の歴史を思いながらハロウィンに食べたのが始まりだそうです。もちもちとしたジャガイモの食感と甘いバターの香りが特徴です。本場では朝食に食べられるメニューですが、シチュー用ビーフを挟む事でボリューム感で出て、ビアホールやレストランの一品料理としてお使い頂けます。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478