世界の地方料理 > レシピ > 地域 > アジア > ビーフシチュー【日本】
日本 日本

beef stew(ビーフシチュー【日本】)

明治時代の薩摩藩士・東郷平八郎が料理長にビーフシチュー作りを依頼し、ソースの材料が入手困難だったため醤油と砂糖で代用して作ったものが肉じゃがになったというエピソードは有名ですが、これは信憑性に欠ける話のようです。しかし、当時日本軍は軍人の間で流行していた脚気がイギリス人にはみられないのは食生活に関係があることを発見し、洋食を艦上食に取り入れようとしていました。そのためビーフシチューの代わりになるものを作らせようとしていたことは事実のようです。
ビーフシチューは日本への伝来の時期が早く、明治時代初期には東京の洋食屋にメニューが存在していました。当時は「シチウ~牛、鶏のうまに」とどのような料理か想像できるように添え書きがあったそうです。

材料

シチュー用ビーフ
360g
バター
10g
玉葱(くし切り)
120g
人参(乱切り)
60g
じゃが芋(乱切り)
160g
デミグラスソース
500g
シチュー用ビーフ(肉汁)
120g
赤ワイン
20g
ケチャップ
30g
ブロッコリー
適量

作り方

  1. シチュー用ビーフを一口大に切る。
  2. バターで玉葱、人参、じゃが芋を軽く炒める。
  3. デミグラスソース、肉汁、赤ワイン、ケチャップを入れて煮込む。
  4. 途中でビーフを加え、さらに10分程度煮込む。
  5. ブロッコリーを加え火を止め、皿に盛り付ける。

いちまるセレクション

シチュー用ビーフ
シチュー用ビーフ
価格
お問い合わせください
規格
2kg / パック
荷姿
2パック / ケース×3ケース

メニュー提案者

飯田直也飯田直也

煮込み料理の定番ビーフシチューを提案させて頂きます。
真空調理でしっとり柔らかくなったシチュー用ビーフを使用することで、
時間短縮かつ、オペレーションも大幅に軽減できます。
シンプルだからこそ、お肉の仕上がりは重要となります。
お客様の拘りのソースと合わせて提供してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478