世界の地方料理 > レシピ > 地域 > アジア > ヒカド【日本国 長崎県】
日本 日本

Pork and fish in sweet potato soup(ヒカド【日本国 長崎県】)

ヒカドはポルトガル語picado(細かく刻む)が語源です。長崎は開港をきっかけにポルトガルやスペインから宣教師や貿易関係者が来日し、牛肉や豚肉を使ったシチューが伝わりました。当時肉は入手困難であったため地域で採れる魚や野菜を使うようになったそうです。ヒカドの特徴でもあるとろみはパンでつけていましたが、禁教令によりパンが手に入らなくなったため、サツマイモを使うようになりました。
長崎は元々砂糖が手に入りやすかったために甘めの味付けを好む地域です。サツマイモの甘味ととろみは地元の人々に受け入れられ長崎の郷土料理として定着しました。

材料

グリル用ポーク肩ロース
250g
サラダ油
大1
ダイコン(角切り)
45g
ニンジン(角切り)
45g
サツマイモ(角切り)
60g
干し椎茸
4枚
だし汁
1500g
マグロ(角切り)
50g
サツマイモ(すりおろし)
120g
葉ねぎ
少々
80g
薄口醤油
大1
食塩
小2

作り方

  1. グリル用ポーク肩ロースを角切りにする。
  2. 鍋にサラダ油を入れ野菜を炒める。
  3. だし汁、酒、マグロ、グリル用ポーク肩ロースを加え煮立たせる。
  4. サツマイモすりおろしを加えとろみをつける。
  5. 薄口醤油、塩で味付けをし、器に盛りねぎをのせる。

いちまるセレクション

グリル用ポーク肩ロース
グリル用ポーク肩ロース
価格
お問い合わせください。
規格
約2㎏/パック
荷姿
4パック/ケース

メニュー提案者

丸山翔平丸山翔平

今回は、グリル用ポーク肩ロースを使用して「ヒカド」を作りました。
名前からは洋風のイメージですが、ポルトガルの影響を受けた長崎の郷土料理です。
この料理は、サツマイモでとろみや甘さを引き出しており、スープに近い煮込みになっています。サツマイモはすり下ろして他の食材を小さくカットすることで煮込み時間も短く簡単に出来上がります。優しい味なので朝食やランチメニューでいかがでしょうか。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478