世界の地方料理 > レシピ > 地域 > 北アメリカ > ジャンバラヤ【アメリカ合衆国】
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国

Jambalaya(ジャンバラヤ【アメリカ合衆国】)

ジャンバラヤはアメリカ南部のルイジアナ州の料理です。今回はケイジャン料理としてのジャンバラヤ。ケイジャン料理は18世紀にフランス系カナダ人(アカディア人)がルイジアナ州に移住した人々によって作り出され、庶民の味として定着しました。全体的に素朴な味付けで、地元で手に入る食材を使ってシンプルに作るのが特徴です。ケイジャンという名前はアカディア人(Acadian)が訛って変改した言葉なのだそうです。ケイジャン人たちのルーツがフランス人だったこともケイジャンスパイスの開発に影響しているようです。因みにルイジアナ料理というカテゴリーは、ケイジャン料理とクレオール料理が融合したものを指します。

材料

シチュー用牛ほほ肉
240g
シチュー用牛ほほ肉(肉汁)
少量
ニンニク(粗みじん)
90g
タマネギ(角切り)
150g
ピーマン(角切り)
2個
セロリ(スライス)
80g
ソーセージ(スライス)
80g
ケイジャンスパイス
大さじ3
タバスコ
少量
食塩
適量
米(長粒米)
400g
350g
サラダオイル
30g

作り方

  1. シチュー用牛ほほ肉を角切りにする。
  2. サラダオイルで野菜とソーセージを炒める。
  3. 米、ケイジャンスパイスを加えて軽く炒める。
  4. シチュー用牛ほほ肉(肉汁)、水、塩を加えて煮立たせる。
  5. シチュー用牛ほほ肉、タバスコを加えて炊きあげる。

いちまるセレクション

シチュー用牛ホホ肉
シチュー用牛ホホ肉
価格
お問い合わせください
規格
2kg/パック
荷姿
2パック/ケース×3ケース

メニュー提案者

石川貴章石川貴章

ジャンバラヤには二つの系統があり、茶色いジャンバラヤは「ケイジャン料理」、トマトソースを使った赤いジャンバラヤは「クレオール料理」と区別され、それぞれのルーツも異なります。ジャンバラヤの具材には鶏肉を使うことが多いのですが、牛肉や豚肉、ソーセージ、ハム、ベーコン、魚介類などに置き換えて作っても良いので、色々なバリエーションを楽しむことができますね。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478