世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > グヤーシュ【ハンガリー】
ハンガリー ハンガリー

Guliyás(グヤーシュ【ハンガリー】)

ハンガリーの人々にとって、最もシンボル的な料理として考えられているグヤーシュ。本来グヤーシュには「パプリカとタマネギをラードや牛肉、ジャガイモでつくられる煮込み」または「野菜入りのグヤーシュスープ」といった意味があります。グヤーシュのグヤは牛の群れを指し、グヤーシュという単語そのものが牛飼いを意味する言葉です。このことからも想像できるように、牛飼いが外で農作業などをしながらボグラーチという金属製の大鍋で牛肉やパプリカ、タマネギ、ジャガイモなどを煮込んだ農夫の料理がルーツとされています。
現在、グヤーシュは「肉のパプリカ煮込み」を総称する単語に変化しているので必ずしも牛肉でなくても良いともされ、ペルケルトと呼ばれることがあったり、サワークリームを加えるとパプリカ-シュと呼ばれたり、地域や材料によっても呼び名が変わったりと曖昧なことも多いようです。

材料

シチュー用ビーフ
200g
シチュー用ビーフ(肉汁)
60g
タマネギ(粗みじん)
120g
ニンジン(乱切り)
100g
ジャガイモ(乱切り)
2個分
パプリカ(乱切り)
1個分
セロリ(粗みじん)
50g
トマト(ホール)
160g
ニンニク(つぶす)
1片
サラダオイル
30g
パプリカ(パウダー)
大さじ1
クミン(パウダー)
適量
食塩
少量
コショウ
少量
ローリエ
1枚

作り方

  1. シチュー用ビーフを一口大にカットする。
  2. ニンニク、野菜をよく炒め、パプリカパウダーを混ぜ合わせる。
  3. シチュー用ビーフを加えて軽く炒めたら、トマト、シチュー用ビーフ(肉汁)、水、ハーブを加え煮込む。
  4. 食塩、コショウで味を調える。

いちまるセレクション

シチュー用ビーフ
シチュー用ビーフ
価格
お問い合わせください
規格
2kg / パック
荷姿
2パック / ケース×3ケース

メニュー提案者

松浦友香松浦友香

グヤーシュに使うパプリカパウダーは辛みのない唐辛子なので、真っ赤な見た目とは違って全然辛くありません。現地のレストランで出されるグヤーシュはスープ的な位置づけなのだそうですが、大きなスープ皿や一人用のミニボグラーチに入ってボリュームが凄いのだそうです。
ハンガリーといえば、ブダペストのドナウ川クルーズや夜景が有名ですね。トカイワインも飲んでみたいし、色々と夢が膨らみます。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478