世界の地方料理 > レシピ > 地域 > アジア > カレカレ【フィリピン】
フィリピン フィリピン

Karekare(カレカレ【フィリピン】)

フィリピンはスペインの植民地だったことからヨーロッパや隣国の中国の影響を受けています。東南アジア料理のように唐辛子をあまり使わず、魚醤や砂糖を使う味付けが多いです。カレカレはお祭りやお祝いの席で出されていた料理でしたが、最近では手軽に調理できる調味料が売られていて普段から食べられるようになってきています。ピーナツバターを大量に使い、肉と野菜を煮込む料理です。本場では若いバナナのつぼみが使われるそうです。ピーナツバターが入っていると驚きますが、とても食べやすいまろやかな味わいです。

材料

シチュー用ビーフ
320g
サラダ油
適量
玉ねぎダイス
240g
なす(輪切り)
150g
いんげん
50g
赤パプリカ(乱切り)
140g
カレカレの素
1袋
カレー粉
少々
塩こしょう
少々
砂糖
少々

作り方

  1. シチュー用ビーフを一口大にカットする。
  2. 鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎをよく炒める。
  3. 水とカレカレの素を加え煮込む。
  4. 野菜と加え柔らかくなったらビーフとカレー粉を加え軽く煮込む。
  5. 塩こしょう、砂糖で味を整え、皿に盛る。

いちまるセレクション

シチュー用ビーフ
シチュー用ビーフ
価格
お問い合わせください
規格
2kg / パック
荷姿
2パック / ケース×3ケース

メニュー提案者

伊藤壮一郎伊藤壮一郎

このカレカレは見た感じ、ほとんどの人がカレーの味を想像してしまいますが・・・
実はピーナッツバターを味のベースにしており、我々日本人からは想像しにくい味となっております。具材としては、牛肉(シチュー用ビーフ)やチンゲン菜、ナス等の野菜類も入っています。
地域や家庭によって、シーフードや豚肉を使ったりすることもあるそうです。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478