世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ【ポルトガル】
ポルトガル ポルトガル

Pork and short-neck cram Alentejo style(カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ【ポルトガル】)

豚肉とアサリを組み合わせた料理はヨーロッパの様々な国で食べられています。南フランスではPac oux Palourdes、 スペインのガリシア地方ではPorco a la alentejanaなどが非常に似ています。ポルトガルではコリアンダーを使いますが、スペインではパセリを使うといった微妙な違いがありますが、ベースはポルトガルにあるそうです。
このメニューは、ポルトガルの中南部にあるアレンテージョという地方に伝わる伝統料理という説と、アルガルヴェ地方の料理であるという説が存在します。アルガルヴェ地方の説は、比較的海に近い地方で育てる豚に餌として魚を与えることが多く、肉に魚の臭いが付いてしまったことから、この臭いを誤魔化すためにアサリを入れたというものです。それがアルガルヴェ風とならなかった理由は現地でも不明とのこと。
またこの料理に限らずポルトガルではコリアンダーの葉を使った料理が多いというのも特徴の一つです。

材料

グリル用ポーク肩ロース
320g
アサリ
200g
ニンニク(粗みじん)
1片
オリーブオイル
適量
白ワイン
適量
パプリカペースト
大さじ2
ロリエ
1枚
ポテトフライ
適量
コリアンダー(葉)
適量

作り方

  1. グリル用ポーク肩ロースを一口大にカットする。
  2. オリーブオイルでニンニク、アサリを軽く炒める。
  3. ポークを加えて炒め、パプリカペーストを絡める。
  4. ロリエ、白ワインを加えて蒸し煮にする。
  5. アサリが開いたら皿に盛り付けてコリアンダーの葉、ポテトフライを添える。

いちまるセレクション

グリル用ポーク肩ロース
グリル用ポーク肩ロース
価格
お問い合わせください。
規格
約2㎏/パック
荷姿
4パック/ケース

メニュー提案者

村松敬祐村松敬祐

アレンテージョはテージョ川に沿っていることが名前のルーツで、河口には首都のリスボンがある地域です。海に面しているので新鮮な魚介類が豊富に獲れ、山も近いので農畜産業も盛んな地域なのだそうです。なんとなく静岡県に似ていると思いませんか?

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478