世界の地方料理 > レシピ > 地域 > ヨーロッパ > カリョス【スペイン】
スペイン スペイン

Callos(カリョス【スペイン】)

牛の胃袋を煮込んだ料理は、ヨーロッパの他、南米でも食べられています。フランスではシードルやカルバドスで煮込んだ郷土料理が有名ですが、スペインやイタリア、ブラジルではトマトで煮込むのが定番です。カリョスは牛の胃袋の他、ひよこ豆やチョリソ、豚の血を使ったモルシージャなどの腸詰めを具材として使い、香辛料としてパプリカパウダーを使います。この他にも仔牛の足を入れたり、豚足を入れたりと幾つかのバリエーションもあるようです。

材料

シチュー用牛トリッパ
200g
ひよこ豆(水煮)
150g
チョリソ
80g
白ワイン
50g
トマトソース
300g
パプリカパウダー
少量
ロリエ
少量
オレガノ
少量
オリーブオイル
適量
食塩
少量
コショウ
少量

作り方

  1. シチュー用牛トリッパ、チョリソを食べやすい大きさにカットする。
  2. オリーブオイルで1を軽く炒める。
  3. 白ワインを振りかけ、トマトソース、ひよこ豆を加えて煮立たせる。
  4. ハーブとパプリカパウダーを加えて味が馴染むまで煮込み、塩・コショウで味を調える。

いちまるセレクション

シチュー用牛トリッパ
シチュー用牛トリッパ
価格
お問い合わせください
規格
700g/パック
荷姿
4パック/ケース×3ケース

メニュー提案者

本多真本多真

トリッパの煮込みというとイタリア料理のイメージが強いと思いますが、スペインでも普通に食べられています。パプリカの香りとチョリソの味が加わると、「スペインの味」に変化するのがよく分かります。
シチュー用牛トリッパは程よい食感に仕上がるように下処理してありますから煮込みは1時間程度で充分ですよ。

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478