世界の地方料理 > レシピ > 地域 > 南アメリカ > カスエラ【チリ】
チリ チリ

Casuela(カスエラ【チリ】)

カスエラという言葉はキャセロールと語源が同じで、煮込み用の土鍋を指します。料理自体はとてもシンプルなもので、フランス料理のポトフに相当します。大きめにカットした牛肉または鶏肉をタマネギ、ニンジン、トウモロコシ、カボチャなどと一緒に土鍋に入れ、クミンやオレガノなどのハーブと共に煮込みます。
チリではお米を入れる場合も多く、具材としてはジャガイモやカブ、インゲン豆、キノコ類など好みの野菜を入れても美味しくできあがります。
たっぷりのスープで肉と野菜をコトコト煮込んだ温かいメニューですから、特に冬の時期に美味しさを感じるチリの定番と言えます。

材料

シチュー用ビーフ
240g
シチュー用ビーフ(肉汁)
90g
白トウモロコシ
1本
カボチャ
250g
タマネギ
2個
ニンジン
1本
800g
ロリエ
2枚
クミンパウダー
適量
適量

作り方

  1. シチュー用ビーフと野菜を大きめにカットする。
  2. 鍋に野菜・シチュー用ビーフ(肉汁)・水を入れて煮立たせる。
  3. ロリエを加えて野菜が柔らかくなるまで弱火で煮込む。
  4. ビーフを加えて更に10分程度煮込む。
  5. クミンを加え、塩で味を調える。

いちまるセレクション

シチュー用ビーフ
シチュー用ビーフ
価格
お問い合わせください
規格
2kg / パック
荷姿
2パック / ケース×3ケース

メニュー提案者

丸山翔平丸山翔平

最近、何故か同僚達からワルヤマ(?)と呼ばれている丸山です。
中華料理専門というイメージを払拭したくて、今回は、チリ料理にチャレンジしてみました。インカ帝国のイメージが強い国ですが、イースター島もチリの離島だということを知りました。(チリだけに地理の勉強?)
チリはトウモロコシを使った料理が多いイメージがありますね。今回は、白トウモロコシを使って差別化してみました。小技を効かせて同僚達の目を引こうという作戦じゃありませんョ。ワルじゃないですから。
折角なので、チリの国技「ロデオ」を自宅でやってみようと思っています。子供達のロディがありますから。(牛の役じゃありません。)

お問い合わせ先

株式会社いちまる 食品事業部 営業部 ブラ・ド・シェフ営業課
本部   :TEL:054-628-4115 FAX:054-628-8134
東京営業所:TEL:03-6809-2723 FAX:03-6809-2724
大阪営業所:TEL:06-6195-8477 FAX:06-6195-8478